田舎が楽しい。

ねこぽぽへようこそ。

ねこぽぽは2012年に長野の山の中でひっそりとピザのお店としてオープンしました。

最初はとても小さな小さな、手作りの石窯でピザを作っていました。

いまでも変わらないテーマは大人の秘密基地。なんだかわくわくするような、そんな場所でありたいと思い、今もなお長野市若穂の保科という郷を中心にお店を展開しています。

現在も、わくわくするような場所で、楽しい仲間と、お店やホテル、リゾートを展開しています。

田舎で開業!?

ねこぽぽの原点である「保科の郷」。静かな山間の村がいまでも

​ねこぽぽテラスの中心です。

そのねこぽぽテラスの「田舎でお店を経営する」というスタンスは、時代の逆を行くものでしょう。なぜなら、過疎化や空き家、限界集落という言葉が叫ばれる田舎ではそもそもビジネスのチャンスも少なく、より人の多い都会での事業の方がチャンスだと思うのが一般的です。

しかし、それは逆にチャンスであり、これからの時代に合ったものになっていきます。

それはなぜか??

実は田舎にこそビジネスの身軽さと経営のノンスタイルスピリッツがあるのです。都市部では便利な反面、競合がたくさんあり、ビジネスの何度はあがります。家賃などの固定費も高く、経営する上でのリスクも大きいでしょう。

では田舎はどうか?実は田舎の空き家こそ我々にとっては宝なのです。長野の若穂地域では土地&建物で100万円程度から手に入ります。これを手を入れればカフェや住宅としてまだまだ使えるのです。まず、物件が安く手に入ることが魅力です。

毎月の高い家賃に振り回されずにすむのです。

でも、集客はやはり、市街地にはかないません.......経営は成り立つのでしょうか?

これも今の時代にあっているのは逆に田舎です。

いまの時代、時間にゆとりがあり、お出かけをゆっくりできて、ランチを楽しむ世代はどの世代なのでしょうか?

60代から上の世代なのです。現にねこぽぽのお客様の世代もこの世代です。このお客様は通りすがりのお客様は1組もいません。

必ず、ねこぽぽテラスを目指してきてくれます。これこそが「わざわざ来てくれる」お客様なのです。

決して近場で食事をすませるのではなく、目的を持って「紅葉」「桜」「見晴らし」という付加価値を楽しみに来てくださいます。

そう、ロケーションが大事なのです。

そのロケーションこそ、田舎で開業する一番の大切なポイントです。

お問い合わせはお気軽に 026-285-0282

弊社がお手伝いするお店はほとんどが、田舎です。

その魅力は「ロケーション」という集客ツールなんです。

施工事例1

長野市若穂保科 「和猫本舗」様

築40年の空き家を購入アドバイス。名古屋からIターンで来られた村山様のお店。

​その魅力は「長野市を一望」できる絶景。

​完全サポート店

​完全コンサル中

施工事例2

​信濃町 野尻湖「宮川旅館」様

野尻湖の湖畔にある旅館の中に「カフェ」をリノベーションで作ります。2019年春のオープン予定

​完全サポート店

​完全コンサル中

©2023 by Thyme. Proudly created with nekopopo